戸建てとマンションの維持費はどっちが高い?

戸建てマンション維持費1

マイホームを一戸建てにするかマンションにするかについては、多くの方が頭を悩ませる大きな課題ですが、いずれかを選択する際のポイントの一つとして、購入後にかかる維持費があります。本体価格だけで決めてしまうと、大きな落とし穴があるかもしれません。

一戸建てとマンションでのどちらを選んだとしても、ほとんどの方は住宅ローンを組んで毎月の支払に追われることになります、借入額が同じ場合、返済額は変わりませんが、購入後にかかる維持費の内容は大きく変わってきます。

ここでは、維持費だけに焦点を当てて、一戸建てとマンションのどちらがお得かについて調査し、詳しく解説しています。完全に結論は出ないかもしれませんが、いずれを購入すべきかの参考にはなると思います。

一戸建てにかかる維持費

戸建てマンション維持費2

一戸建てを購入すると、固定資産税の支払義務が生じます。住宅ローンの支払い以外にかかる費用としては、他にも損害保険料修繕費がかかります。

固定資産税

固定資産税とは、土地や建物などを所有する人に毎年課される税金のことで、毎年1月1日時点の不動産の所有者に課税されます。これに加えて、市街化区域に不動産を所有している人には、都市計画税の支払義務が生じます。

したがって、マイホームを購入する際に、毎年発生する税金を少しでも抑えたい場合は、市街化区域外の土地を選んだ方がよいことになります。

・固定資産税の納税額=固定資産評価額×1.4%

・都市計画税の納税額=固定資産税評価額×上限税率0.3%

損害保険料

保険には絶対に加入しなければいけないわけではありませんが、住宅ローンを利用する場合は、加入が義務化されているケースが多く、そうでなくても万一のときに備えて、火災保険や地震保険には加入しておきましょう。

最近では、いつ大きな地震が日本を襲うかもしれないと言われているので、地震保険への加入を推奨しますが、地震保険は単独では加入できないため、火災保険とセットで契約しましょう。選択する保険会社によっても異なりますが、保険料はおおむね年間で1~2万円程度です。

修繕費

一戸建ての場合は、新築してしばらくは建物の外部にも内部にも修繕はいりませんが、四六時中雨風や紫外線を浴びている屋根や外壁は、使用されている材料や塗料によっても異なりますが、一般的に10~15年おきに塗装や修繕工事が必要になります。

修繕工事を怠ると、後でより大掛かりな補修工事や屋根や外壁の張替えを余儀なくされることもあり、定期的にしっかりメンテナンスをすれば、一回の工事が数十万円で収まるところが、それを怠ったばかりに、数百万円単位の費用がかかることもあります。

新築ではなく、中古住宅を購入すると、入居して数年間で修繕工事が必要になるケースもありますし、長く同じ家に住んでいると、家族構成やライフスタイルに変化が出て、家の劣化も進むことから、大規模なリフォーム工事が必要になることもあります。

マンションにかかる維持費

マンションの場合は、一戸建てと違って個人で所有する特定の土地は与えられませんが、不動産を所有することには変わりはないため、固定資産税や都市計画税の支払義務は、一戸建てと変わらず生じることになりますし、火災保険への加入を強いられるケースも多くみられます。

一戸建てにはなく、マンションだけにかかる維持費には、「管理費」「修繕積立金」「駐車料金」などがあります。

管理費

集合住宅のマンションには、エレベータ、自動ドア、共有廊下、広いエントランスホールの他にも、各階のゴミ置き場や住人のためのパーティールームやゲストルームや集会所やシアタールームなど、多くの共有施設を設けている建物もあります。

マンションに住むメリットとして、多数の防犯カメラが設置されているなど、セキュリティ面が充実している点が挙げられますが、その分日々の管理には相当な費用がかかっていて、様々な機材や設備の電気代やメンテナンス代、管理人や警備員の人件費、植栽のお手入れ代など,共用部分の管理だけでも相当な費用が必要になります。

管理費はそれらを賄う費用のことで、毎月支払う管理費は、一般的なファミリータイプのマンションだと、1~2万円程度に設定されていますが、ハイグレードな建物だと、その何倍にもなる場合あります。

修繕積立金

修繕積立金とは、その名の通りにマンションの修繕に使用されるための積立金で、管理費と同様に毎月支払わなければいけない費用ですが、予想外の工事が必要になった場合は、一時金として負担を強いられることもあります。

一戸建て同じように、新築間もない建物には大掛かりな修繕工事は必要ありませんが、中古のマンションを購入する場合は、すでに老朽化が進んでいるため、入居してすぐに修繕工事が行われるケースも珍しいことではなく、修繕積立金は建物が古くなるほど値上される可能性が高くなります。

修繕工事の内容は、外壁や屋上などの塗装、補修工事、給排水の配管設備工事、消防・防災器具設備の取替・修繕などとなります。

駐車料金

マイカーを所有していなければ支払い義務はありませんし、駐車スペースが最初から割り当てられている場合もあるので、全員が負担を強いられるわけではありませんが、ほとんどのマンションでは、マイカー所有者は駐車料金を別に支払わなければいけません。

機械式の駐車場が完備されている場合は、修繕積立金で駐車場のメンテナンスや修理費用などが賄われているケースがほとんどですが、修繕積立金が不足した場合は、一時金として支払いを求められるケースもあります。

地方などでは駐車料金が毎月数千円の負担でよい場合もありますが、東京など地代の高い地域では、毎月3~5万円以上の負担を強いられるケースもあります。

維持の手間ではマンションが有利

戸建てマンション維持費3

一戸建ての場合は、毎月の管理費や修繕積立金が必要ない分、家の老朽化に伴い、一度にまとまった費用がかかることになり、いずれの場合も建物の規模やグレードにもよりますが、総合的にかかる維持費はどちらがお得とは言い切ることができません。

ただし、マンションの場合は強制的に毎月維持費を徴収されますが、戸建住宅の場合は建物をしっかり維持していくかは持ち主の自由ですし、工夫次第で維持費を節約することもできます。

最近では女性でも日曜大工やDIYを楽しむ人が増えていて、外壁の塗装や部屋の壁紙の張替えくらいであれば、自分たちで行うことは十分に可能です。

マンションだとそういうわけにはいきませんが、管理や修繕を一切自身で負う必要がないことは、激務に追われているなど時間がない人たちにとっては大きなメリットで、維持の手間のことだけを考えればマンションの方が有利と言えます。

まとめ

戸建てマンション維持費4

一戸建てとマンションの購入後にかかる維持費を比較すると、マンションの場合は一戸建てには必要ない、管理費修繕積立金駐車料金の毎月の支払い義務が生じます。ただし、一戸建ての場合は、後からまとまった大掛かりな修繕やリフォーム工事が必要となるため、トータル的にはそれほど大差はありません。

比較すべき点は、戸建住宅の場合は修繕やリフォーム工事をできる範囲で、セルフで行うことによって維持費を大幅に抑えることが可能なので、日曜大工やDIYが好きな方なら、一戸建てが適切な選択肢になるかもしれません。

一方、マンションに住む場合は、管理や修繕を完全に人任せにできることから、一切手間がかからないというメリットがあります。

この記事をシェアする

当サイトおすすめの仲介手数料無料で売買に強い不動産会社はこちら

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です